痛み止めを使用後に胃痛を感じる時の対処法

頭痛や腰痛または歯の治療で抜歯をした後などの医療処置の後の痛みを緩和するのに痛み止め服用します。
しかしこの鎮痛剤が原因で胃痛を起こす場合があります。痛み止めと胃痛には関係性があります。
胃の中では粘膜から胃液が分泌されます。この胃液の成分は胃酸、ペプシン、胃壁保護物質です。
胃液は非常に強力で酸性度の高い物質です。そのため胃壁事態がダメージを受けることになりまねないので、胃壁保護物質が胃の粘膜をガードしています。
この胃酸と胃壁保護物質のバランスが取れていれば胃が健康な状態ですが、バランスが崩れると大変なことになります。
通常よく服用している痛み止めの多くは非ステロイド抗炎症薬です。これには痛みを抑える効果と共に胃液の分泌を抑制する効果があります。
さらに胃壁保護物質の分泌促進に係るホルモンの減少を引き起こしてしまう可能性もあります。これらの影響で胃酸と胃壁保護物質のバランスが崩れてしまうのです。
非ステロイド抗炎症薬の影響でバランスが崩れると、自ら分泌した胃酸で胃の粘膜、胃壁が傷つき、炎症を起こしてしまうのが胃炎です。
これが胃痛の原因になります。この胃痛を予防する適切な対策が必要です。
対策は痛み止めの飲み方にあります。まず空腹での服用を避けることです。
胃が空の状態で胃酸が分泌され、胃壁を保護する物質が少ないと、胃粘膜が痛み止めの影響をもろに受けてしまいます。
なにか食べ物を胃の中に入れた状態で痛み止めを服用することで胃壁の保護ができます。
どうしても食欲がない場合、あまりたくさんの食事が摂れない場合は牛乳が効果的です。
牛乳は胃の中に入ると胃粘膜にべっとりと貼りつき、胃の粘膜を保護する効果があります。
少しの量を飲むだけで、胃壁を保護します。この他には胃薬を併用して服用する方法もあります。
胃薬が胃酸の分泌を抑制し、バランスの崩れを防止します。胃薬は市販のものでも構いませんが、薬剤師の方に相談の上で処方されたものを服用すれば安心です。

補足情報

痛み止めの治療薬一覧はこちら

痛みを和らげるツボについて知ろう

痛み止めの薬を服用した後に発生した痛みを緩和する方法としてはツボのマッサージがあります。
ツボを押すことで、ツボに関係した臓器の血流を促進し、崩れた機能の修復する効果があります。
痛み止めによって崩れたバランスを修復するのに効果的です。
代表的なツボにイユというツボがあります。場所は背中の胃の裏側付近の背骨の両側にあるます。
仰向けに寝て、げんこつにした手を背中の下に回し入れた時にあたる部分です。
強い力を加えず、押して心地よい程度の力を加えます。
背中なので押しにくい場合はテニスボールなどを置き、仰向けに寝るとちょうどよい強さの刺激になります。
胃の不調全般に効果があり、消化機能を整える働きがあります。イユから指2本くらい上の位置にあるのがヒユというツボです。
同じようにマッサージすることで消化を促進し、食欲不振、便秘、下痢にも効果があります。この2つのツボを押すことで胃痛を緩和させます。
お腹にもツボはあります。おへそとみぞおちを結んだ線の中間にチュウカンというツボがあります。
胃腸の働きを高め、胃痛、消化不良に効果があります。
ただしお腹を直接刺激するので、食後すぐはマッサージを行わなってはいけません。
この他にも手の甲の人差し指と親指の間のくぼんだところにあるゴウコク、手首にあるナイカン、足両側、ひざ下の下から指4本分下にあるアシサンリ、頭の頭頂部にあるヒャクエなどがあります。
体の自立神経を整え、胃痛などの消化器の不調に効果があります。
痛み止めの薬を処方された時は薬剤師の方の説明をよく聞き、正しい飲み方で服用し、それでも胃痛などをおこした場合は、ツボのマッサージをして痛みを和らげることが必要です。