ツーショットダイヤルと出会い系で共通する『モテ要素』

誰でも女性との会話が楽しめる、それが「ツーショットダイヤル」です。これは出会い系サイトも知っている人には、女性の「声」だけとはいえ、生身を感じる事が安易さに驚く事もあるでしょう。

ですが、この「ツーショットダイヤル」は実際に会う事を前提に運営されているシステムではありません。なので、実際に会う為には、やはり「出会い系」同じく努力が必要になります。

「ツーショットダイヤル」で実際に会う為には、相手との「接し方」が重要になります。でも、難しく考えることはありません。

ただ、自分だけが楽しむのではなく、常に相手の女性を気遣い、一歩引いた「紳士」の様にすれば良いのです。どんな場面でも、決して相手に「この人は危ない」や「信用できない」と思わせる接し方はしてはいけません。

特にインターネットでの交流では、相手と「メールアドレスの交換」から始まり、そこから進展させるのです。しかし、いきなり聞いても女性は警戒して教えてくれません。

教えてもらうには自分は怖くない、信用できる人だと認められた時です。一秒でも早く「アドレス交換」して、一歩でも深い関係になりたい。

そんな風に焦る気持ちもあるでしょうが、この「ツーショットダイヤル」においては「アドレス交換」は絶対に必要な事ではありません。

なぜなら、もう相手と「会話」できる場所に居て、実際に話せるからです。なので、いきなり「ナンパ」が目的と分かる様な内容は意味がないのです。

相手と深い仲になりたいなら、まず女性から「信用」を得る努力をしましょう。信用してもらえれば、自然と関係は進展する筈です。

紳士なんて柄じゃないと思うでしょうが、異性と仲良くなりたいなら、紳士の様に余裕を持った行動を心掛けてください。そんな異性ほど、女性は安心してくれるのです。

  • アーカイブ

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし