ロキソニンは消炎鎮痛剤および解熱剤として処方される、極めて効果の高い医薬品のひとつです。
また、医療機関で処方される薬品と同じ成分のものがドラッグストアでも市販薬として販売されており、身近な場所で入手することができます。
粉末(細粒)や錠剤など飲み薬としてはもちろん、腰痛・ぎっくり腰などの際に用いる外用薬としてなど、さまざまな形状が存在しています。
しかしよく耳にはするものの、どんな成分が含まれていて具体的などんな効果を及ぼし、さらにどういった副作用に注意すべきなのかはあまり知らない方が多いと思います。
ここではロキソニンの詳細を学び、どんな時に役立つのか、服用する際はどのようなことに注意すれば良いのかを備えましょう。

ロキソニンの成分について

CHECK

ロキソニン(正式名称はロキソプロフェンという)は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類されます。
数ある非ステロイド抗炎症薬の中でも特に安全性が高く効き目も大きいため、広く一般的に使用されている薬剤のひとつです。
解熱、鎮痛、消炎作用を均等に持つ医薬品であり、化学構造的にはプロピオン酸系に分類されています。
体内に入ってから活性化して効力を発揮する「プロドラッグ」であるため、同系統の他の薬品と比べ胃腸への負担が少ないことも特徴として挙げられます。
通常、他の非ステロイド性抗炎症薬は服用してすぐに効き目があるのですが、ロキソニンは体内に取り込んで成分を吸収してから効力を発揮するため、比較的副作用が少ないことも大きな特徴として挙げられます。
ロキソニンに含まれる成分を見ていきましょう。
まずは、薬の持つ効力のメインである「ロキソプロフェンナトリウム水和物」です。
怪我をしたり風邪を引いた時など、体内では合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」が、体内の痛みや炎症・発熱などを引き起こす物質「プロスタグランジン」を生成しています。
このロキソプロフェンナトリウムには、シクロオキシゲナーゼの活動を阻害して、痛み・発熱の元であるプロスタグランジンの生成を抑制する効果があります。
痛みや発熱を生み出す「症状の元」を治癒する成分ではありませんが、症状が生み出す苦痛を和らげ、抑える働きがある成分です。
次に、直接効果を及ぼす成分ではないですが、薬剤に含まれる成分として「低置換度ヒドロキシプロピルセルロース」が挙げられます。
主に医薬品の調剤の際に用いられる成分で、非イオン性であり薬物との相互作用を起こしにくい安定した物質です。
エタノール・水混合溶媒など有機溶媒系や水系をコーティングするのに適しています。
低粘性で溶解性に優れており、主に粉末(細粒)状の薬剤を調剤する際に役立ちます。
これにより、細粒や錠剤といった内服薬、外用薬などさまざまな形状へと変化させることができ、多彩な用途が実現しています。
その他、腸内細菌の生育を助けて、腸の作用を調整する「乳糖水和物」も調合されています。
特に強い生理作用は見られない上に、少量であるがゆえに調合しづらい医薬品の体積を増やして調剤を助ける作用があります。
多くの薬品に使われる物質であり、比較的安全な成分です。
調剤をスムーズにする成分としては「ステアリン酸マグネシウム」も含まれています。白色の滑らかな粉末状の物質で、こちらは錠剤を調剤する際に用います。
錠剤を調剤する際に加圧する必要があるのですが、ステアリン酸マグネシウムによって製剤しやすくなります。

ロキソニンの作用について

ロキソニンが及ぼす作用としては、「痛みや炎症・腫れ、発熱によって生じる苦痛を和らげる」ものが主体となります。
注意しておきたいのは、痛みや炎症・腫れ、熱自体に対して効力があるという点であり、痛みや熱を発する原因そのもの、つまり病原体に直接攻撃をしかけたりするものではないという点です。
症状・疾患によって生み出された痛み・苦しみを和らげる対症療法に対して効力があるだけで、ロキソニンが風邪を治したり、炎症や腫れを起こしている箇所を修復するといった効果はありません。
ただ、インフルエンザなど特定の疾患によって高熱が長い間続いたり、激しい痛みが生じて身体に大きな負担を与えるような時は、ロキソニンによる対症療法も必要となります。
この時、熱や痛みを生み出す原因そのものを解決する医薬品と、一緒に服用しなければ症状が改善されません。
また、基本的に痛みや炎症を伴うほぼ全ての症状に効果があるため非常に便利な薬である一方、かなり強力な薬であるため使い方を間違えると副作用を伴います。
さまざまな症状に効き目がある対処療法薬である分、用法や用量を守って正しく服用することが必須です。

どのような症状にロキソニンは効くのか?

頭痛がする女性

ロキソニンには、消炎・鎮痛作用と解熱作用の2つの効果をもたらします。効力は早くて30分と言われており、効き目も比較的長く継続します。
主に効き目のある症状は、生理痛や頭痛腰痛、肩こりや歯痛、喉の痛みや風邪(インフルエンザ)です。
効能の中でも、特に鎮静作用が高いと言われており、重い生理痛や頭痛、腰痛にこの薬が良く効きます。
また肩こりや歯痛、抜歯後の痛みの鎮静作用にも期待でき、長期間続く痛みや激しい痛みに効果があるため内科・外科に限らず歯科などさまざまな分野でも使用されています。
効能の中に咽頭痛も含まれているため、風邪に伴う喉の腫れや炎症、咳による喉の痛みを和らげる効力もあります。
治療のために使用される医薬品で生じた副作用(頭痛など)に対しても効き目があります。
また、他にも消炎・鎮痛作用が期待できる症状に、関節リウマチや変形性関節症・肩関節周囲炎などの関節痛、頸肩腕症候群や、外傷を負った後に伴う激痛にも効果があります。
通常の気性上気道炎や、急性気管支炎を伴う気性上気道炎に関しては消炎・鎮痛作用がある他に、この症状が引き起こす発熱に対しても効力があります。
胃腸への負担の少ない鎮痛剤としても知られているロキソニンですが、その効能には腹痛にも及びます。強い痛みを軽減する力を持っています。
ただ、腹痛に関しては原因が多岐にわたり、痛みを和らげることが症状の改善に繋がることは少ないです。
そのためあまりに強い痛みを感じる場合にはロキソニンを服用して和らげるのではなく、ただちに医療機関にて診察を受け、原因を特定するのが先決です。
さらに、冒頭で述べた通り、肩こりにも効果があります。ただし腹痛と同じく肩こりへの効能を期待して服用する場合には注意点があります。
原因療法薬ではなく、あくまで一時的に痛みを抑える対症療法薬であるため、肩こりが完治するわけではありません。
外傷で使用する場合にも当てはまりますが、漫然と服用し続けるのではなく、痛みの程度によって減量や中止を考慮する必要があることも忘れてはなりません。
症状が良くなってきたら、医師と相談したり自分で調節する必要があります。関節リウマチなどでは、効力が発揮されるまで2~4週間ほどかかる場合もあります。
医師の指示に従って、指定された用法・用量を守って、経過を見ながら使用するようにしましょう。症状が改善されてきたら、その都度継続の可否について医師に報告・相談する必要があります。

ロキソニンは解熱作用について

リウマチなど慢性的な炎症疾患を除き、鎮痛薬の安易な長期服用は危険です。消炎・鎮痛効果も高いですが、ロキソニンは解熱作用も非常に高く、多く用いられています。
風邪で発生する高熱や、インフルエンザによって引き起こされる熱に対して、対症療法薬として使用されるケースが多いです。
発熱が長い間続くことによって、身体の各器官に大きく負担をかけるので、高熱が続きやすいインフルエンザにおいては欠かせません。
ただし、風邪やインフルエンザの際に解熱に使用する上で注意点があります。熱を下げることによって体調は幾分か回復しますが、解熱自体が治療の妨げになることもある点です。
特に、インフルエンザではない通常の風邪の場合は、体温が上昇している際は体内のウイルスを攻撃している状態であるため、これらの働きを阻害する可能性もあります。
効力が強く扱いが危険であると同時に、その便利さを過信して頼り過ぎないようにするという心がけも必要となります。
また、医療機関で処方されるロキソニンとは別に、ジェネリックのロキソニンも存在します。一般的には、ほとんどの人がジェネリックでも処方箋と同様な効能を得ることができます。
薬の効き目が気になる方・疑問に思う方は、精神的な影響も考えられるため、疑問があれば医師・薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

ロキソニンの副作用について

吐き気がする男性

解熱鎮痛薬として効果が期待できるお薬ですが、副作用のリスクもあります。副作用としては特に胃腸障害があります。
そのため、胃腸が弱い方や消化潰瘍の方は、服用には注意が必要です。その予防策として胃薬が合わせて服用されるケースも多いです。
ロキソニンの副作用として最も多いのは胃腸障害です。効果が強い薬品であるため、その分胃への負担も大きく正しく使わないと胃腸の激痛を伴うことがあるので、必ず食後に服用するようにしましょう。
普段から胃が弱い人は特に気をつけたいところです。胃腸の激痛以外にも、血液障害や心臓に障害が出るなど重大な副作用が報告されていますが、通常は滅多に発生しません。
ただし、妊娠している方や肝臓や腎臓の病気、その他持病を患っている方の服用や、他の薬と同時に飲む場合は注意が必要です。
その他の副作用として、以下の症状が出る場合もあります。

  • 吐き気・嘔吐
  • 発疹
  • ショック
  • 貧血
  • 食欲不振
  • 胃部の不快感
  • 腹痛・下痢
  • 頭痛や眠気
  • めまい

市販薬にも同様の症状が見られることがあり、薬によっては血液障害や好酸球性・間質性肺炎、無菌性髄膜炎や消化管穿孔、喘息発作・うっ血性心不全、血圧上昇・皮膚粘膜眼症候群・急性腎不全、大腸の潰瘍やアナフィラキシー様症状が発現した場合、ただちに医師に相談してください。
まれに、今まで副作用がなくても体調の変化によって、突如薬に対するアレルギー症状が起こるケースもあります。薬の相性なども考えられるため、熟慮せず飲んでしまうと過剰に効果が出ることもあります。
何か少しでも体調に違和感を覚えたり、普段と異なる症状が出た場合は、たとえ軽微なものであってもそこから副作用に発展する可能性があるので、すぐに服用をやめて医師の診察を受けるようにしましょう。
服用における注意点としては、空腹時での服用を避けて、食後に服用するという点です。また、一度服用したらある程度の間隔をあけるようにしなければなりません。
効き目が感じられなくても、自分の判断で量を増やしたり、頻繁に飲まないようにしましょう。
多量に使用したり長期間使用すると、血液障害、肝臓・腎臓や心臓に障害が現れることがあるため、自己判断はやめましょう。
一つの解熱・鎮痛作用のある薬を服用している場合、他の解熱鎮痛薬を併用しないようにすることも大切です。作用が強くなり、副作用のリスクが高まってしまいます。

ロキソニンの服用方法について

また、乳児・幼児および小児に対する安全性は保障されていないため、ロキソニンを小さな子どもに服用させるのは禁じられています。当然、子ども用に用量設定などもないため、自己判断で薬の量を調節して子どもに服用させるといったことは絶対にしてはいけません。また、ロキソニンと同じ成分を含む市販薬においても、15歳未満の服用は認められていません。
錠剤・粉末などさまざまな剤型・種類があり、症状や病状によって1日の使用回数や1回の使用量が変わってきます。一般的には、空腹時に飲んで胃腸障害などの副作用を招かないようにするために、食後に服用するのが通例です。
坐剤(ざざい)に関しては、1日に1回の使用の指示を受けた場合は就寝前に、2回の指示を受けた場合は朝の排便後と就寝前に使用するのが原則となります。
服用に注意が必要なケースとしては、胃腸や血液の病気、肝臓・腎臓の病気や機能障害、潰瘍性大腸炎やクローン病、心臓病・高血圧症、気管支喘息などがある方や過去にこれらの病歴がある方、アレルギー体質の方も、服用前に必ず医師に報告するようにしましょう。
妊婦やこれから妊娠する可能性のある方、母乳で授乳中の方が使用すると、胎児・乳児に悪影響が出る可能性があるため、こちらも必ず医師への報告が必須です。
この他、ロキソニンの服用中は副作用の恐れがあるため飲酒は控えましょう。まれに眠気を伴うため車の運転も控えた方が賢明です。